ゴルフスコア上げ上げ100切り

ゴルフスコア上げ上げ100切り

TOP PAGE

ゴルフのスイングと基礎の大切さについて


スポーツというのは基本的に「正しいやり方」というものが存在します。
それが全てではないですが、基本である「正しいやり方」をおろそかにしていては、上達どころか無理な荷重が筋肉にかかってしまい炒めてしまう可能性だってあります。

ただし、100%正しいやり方というものはないとも言えます。
誰にとっても正しいやり方が全くないわけではないですけれども、
それよりも人によって合う合わないがありますから
どうやって自分に合う方法を見つけるかということが欠かせません。

自分に正しいゴルフの上達方法は人にとってそうではないかもしれない
ということは、言ってみればオーダーメードの練習方法だとも言えますが、
それを見つけることができる人が早く上達するということが言えると思うのです。
もちろんそれはゴルフも同じです。

むしろゴルフはスポーツの中でも全身を使って行うスポーツですので、日ごろの仕事の無理も合わさったりすることで肩や腰を壊してしまうことも可能性としてないとはいえません。
ここではそのようなトラブルに見舞われないよう、ゴルフのスイング時に意識すべき注意点について触れることにします。

まずクラブの正しい握り方からです。
一般的な握り方といえばスクウェアグリップと言う握り方で、左手の小指から中指の三本でグリップを握り、右手は添えるだけというもので、これが一番メジャーな握り方といえるでしょう。
この握り方はストレートボールのうちやすい、初心者が最初になれるべき握り方といえるでしょう。

ゴルフでストレートを打つというのは思いのほか難しいもので、ストレートに打つことができればプレイをするのがかなり楽になるものです。フック、スライスは意図せず起きてしまうものなんですけどね。。

それというのも、クラブの握り方は変な癖がついてしまうと、後々直しにくいので最初にじっくりと教わった方がよい、これはゴルフに限らずどのスポーツでもいえることではありますが。

また、スイング中は、筋肉をむやみに硬くせず、リラックスさせて打ち終わるそのときまでボールから意識をそらせず、頭を揺らして銃身をずらすことのないよう打つのが正しいフォームといえます。
とはいえ、このような言葉だけの説明ではなかなか分かりにくいと思いますので、まずは上手だなと思う人を観察して参考にしてもいいでしょう。

ゴルフ番組などではプロの技術がそのまま目で見れるため、より高みを目指す人は見てみるといいかもしれませんね。
ゴルフ 100切りへの期間と練習

ゴルフスコア上げ上げ100切り
Copyright (C) 2014 ゴルフスコア上げ上げ100切り All Rights Reserved.

TOP
PAGE